解历史

— 介绍历史人物、历史事件、历史故事
手机访问: https://m.531761.com

在古代历法中申代表哪个月

2020-12-08 09:57:49 当前位置:解历史 > 精选问答 > 手机阅读

在古代历法中申代表的月份是农历7月。干支纪月:正月(寅虎),二月(卯兔),三月(辰龙),四月(已蛇),五月(午马),六月(未羊),七月(申猴),八月(酉鸡),九月(戌狗),十月(亥猪),十一月(子鼠),十二月(丑牛)。

古代以十二地支纪月,只是不同朝代以每年开始的月份不同。

正月建寅,二月建卯,三月建辰这个是夏历(注意,这里的“正月”“二月”“三月”等不是指农历的正月之类,是指作为一年的岁首)。而商历是正月建丑,二月建寅,三月建卯。周历是正月建子,二月建丑,三月建寅。秦历是正月建亥,二月建子,三月建丑。至汉代恢复用夏历,就是正月建寅为岁首(武则天改过用周正,建子)一直沿用至今。

唐以后,五代历书月名开始注以干支,北宋时又将十干十二辰配合以纪时,至此年月日时分别全以干支注记。

中国农历月份叫法大全:

一月:寅月、陬月、柳月、正月、征月、元月、端月、冠月、初月、新月、太月、王月、上月、早月、嘉月、泰月、谨月、睦月、隅月、杨月、三微月、十三月、三之日、孟月、孟春、首春、始春、初春、肇春、元春、上春、早春、开春、献春、岁首、首岁、开岁、发岁、献岁、肇岁、芳岁、华岁、正岁、岁初、岁始、春王、孟王、孟陬、孟阳、首阳、初阳、新阳、春阳、青阳、三阳、元阳、正阳、新正、夏正、三正、建寅、太簇;

二月:卯月、如月、杏月、花月、酣月、丽月、令月、命月、跳月、婚月、媒月、同月、四之日、仲月、仲春、中春、半春、盛春、酣春、艳春、芳春、绀香、花朝、竹秋、仲阳、中和、大壮、火壮、建卯、夹钟;

三月:辰月、寎月、桃月、桐月、稻月、蚕月、莺月、鹂月、绸月、炳月、禊月、夬月、桃李月、花飞月、暮月、季月、季春、殿春、暮春、杪春、末春、晚春、深春、春残、春阑、春归、春枯、晓春、阳春、三春、木少春、樱笋时、莺时、鸢时、桃浪、桃缘、花饰、青章、雩风、上巳、寒食、建辰、姑洗;

四月:巳月、余月、阴月、槐月、梅月、麦月、荒月、乏月、畏月、槚月、农月、云月、和月、纯月、乾月、孟月、孟夏、首夏、始夏、初夏、上夏、早夏、维夏、槐夏、桐夏、麦秋、麦候、麦序、槐序、清和、花残、梅溽、六阳、纯阳、正阳、朱明、建巳、中吕;

五月:午月、皋月、榴月、蒲月、毒月、恶月、雨月、炎月、橘月、忙月、鹑月、星月、皇月、姤月、熏风月、仲月、仲夏、中夏、半夏、盛夏、超夏、长至、芒种、端阳、浴兰令节、郁蒸、鸣蜩、小刑、天中、启明、建午、蕤宾;

六月:未月、且月、荷月、莲月、荔月、暑月、伏月、焦月、遁月、溽月、梓月、秀月、旦月、蝉羽月、季月、季夏、暮夏、杪夏、末夏、晚夏、深夏、夏残、夏阑、长夏、三夏、木少夏、季暑、极暑、烦暑、溽暑、徂暑、征暑、精阳、小吉、玉绳、天贶、建未、林钟;

七月:申月、相月、兰月、瓜月、巧月、霜月、凉月、鬼月、楝月、否月、砧月、文月、七夕月、文披月、大庆月、孟月、孟秋、首秋、始秋、初秋、肇秋、上秋、早秋、开秋、新秋、嫩秋、素秋、萧秋、兰秋、桐秋、孟商、初商、瓜时、烹菽、银璜、飞星、流火、太乙、中元、建申、夷则;

八月:酉月、壮月、桂月、叶月、获月、爽月、鸦月、萤月、虹月、柘月、观月、阖户月、雁来月、燕去月、仲月、仲秋、中秋、正秋、盛秋、清秋、秋半、秋高、桂秋、蟾秋、吟秋、商吕、仲商、竹小春、迎寒、天罡、虚宿、建酉、南吕;

九月:戌月、玄月、菊月、苔月、朽月、长月、去月、柯月、剥月、贯月、咏月、琼月、青女月、小田月、季月、季秋、暮秋、杪秋、末秋、晚秋、深秋、穷秋、严秋、余秋、霜秋、凉秋、秋残、秋阑、秋晏、三秋、木少秋、季白、季商、暮商、桑落、肃霜、霜序、菊序、重阳、授衣、太冲、天睢、终玄、建戌、无射;

十月:亥月、阳月、露月、寒月、吉月、良月、檀月、坤月、小春月、小阳春、子春、孟月、孟冬、始冬、初冬、上冬、早冬、开冬、元冬、玄冬、玄英、霜华、岁阳、阳止、六阴、纯阴、正阴、魁冈、建亥、应钟;

十一月:子月、辜月、葭月、冬月、雪月、畅月、复月、周月、周正、达月、鸭月、栆月、章月、纸月、龙潜月、天正月、一之日、叶蛰官、仲月、仲冬、中冬、正冬、盛冬、冬半、短至、亚岁、阳复、阳祭、水正、天泉、建子、黄钟;

十二月:丑月、涂月、腊月、蜡月、严月、除月、荼月、冰月、凋月、殷正、临月、残月、栎月、椒月、地正月、二之日、季月、季冬、暮冬、杪冬、末冬、晚冬、深冬、穷冬、严冬、隆冬、苍冬、冬残、冬底、冬素、三冬、木少冬、暮序、暮节、穷稔、穷纪、穷天、穷阴、穷节、星回节、岁终、岁尽、岁竟、岁晏、岁暮、岁莫、岁尾、岁杪、岁木少、残霜天、腊祭、土牛、清祀、嘉平、星回、玄枵、神后、建丑、大吕。

相关文章:

精选问答本月排行

猜你喜欢